2017年10月14日 (土)

ノーベル経済学賞のセイラー教授、世界株高は「謎」(13日)

行動経済学の研究で今年のノーベル経済学賞を受賞したシカゴ大学のリチャード・セイラー教授は、10日、ロイターの電話インタビューに応じ、近年世界中で株価が着実な上昇を続けていることに触れて「わたしには謎だ。世界的に非常に大きな不確実性が存在する局面で信じられないほどボラティリティーが低いというのは、不思議なことに思われる」と話しました。ロイターの我謝京子がレポート。
(この記事は国際総合(ロイター)から引用させて頂きました)


«ノーベル経済学者のセイラー教授、トランプ氏に一撃「謙虚さ必要」